脳神経外科のご紹介

検査/診療科目

・診療 ・MRI検査 ・X線検査など

このような症状の方が来院されています。

・頭痛 ・腰痛や肩こり、手足の痺れが気になる ・めまいがする
・物忘れが気になる ・頭部、顔面に外傷を負われた ・脳疾患後の管理目的
・生活習慣病を患われている方の脳疾患予防目的 ・MRI検査希望の方

当院設置設備

1.5テスラ オープンボアMRI

・医療用エックス線撮影設備 ・心電計 ・血圧計(血管機能評価付) ・重心動揺計
・血圧脈波検査装置 ・超音波

診療に対する想い

患者様のお体の現状を把握し、共に問題の解決を目指していくことこそ、私たちの仕事であると自負しております。

当院脳神経外科を受診される圧倒的多数は頭痛やめまいの相談になります。脳の問題が万一でもあると、生命に関わる重大なことにつながりますので、まずその問題が無いという確認が重要になります。それ以外の症状でも同様に、脳の器質的な問題の有無の確認をする専門領域が脳神経外科になります。問題が見つかった場合は、迅速に信頼できる連携病院の脳神経外科専門医を紹介させていただいております。

MRI検査のメリットは情報量がCTスキャンよりもはるかに多く、医療被曝を受けずに脳の問題点を確認でき、造影剤も使わずに脳の血流を見ることが出来ることです。問題点が無ければ、それだけでも患者さんは安心でき、症状が改善してしまう人も沢山いらっしゃいます。

生命に関わる大きな問題ではない、大したことはない、これは重要なことではありますが、大したことはない症状でも身体が悲鳴を上げたことには変わりはありません。何故身体が悲鳴を上げたのかを解決していかねば、結局は薬で誤魔化すだけになってしまいます。
生活スタイルの問題なのか、食事の影響なのか、化学物質の影響なのか、頸椎の歪みや変形、脊椎の歪みや姿勢などの影響なのか、眼のストレスなのか、自律神経系のトラブルなのか、様々な影響で私たちの身体が悲鳴を上げてきているのです。その問題点をご一緒に模索し、改善して行く、このお手伝いをさせて頂くことが私たちが行っていく医療と考えております。

薬剤に頼ることは間違いではありません。しかし、身体からのメッセージに耳を傾け、薬が不要になることを目指していく、これこそが治療だと私たちは考えております。

上記の様々な症状でお悩みの方、どうぞお気軽に脳神経外科でご相談下さい。 一緒に問題解決を目指していくことこそ、私たちの仕事であると自負しております。

ドクターのご紹介

予防に勝る治療は存在しない

当院が目指す根本的な治療とは、"予防に勝る治療は存在しない"。健康を損ねなければ基本的に病気になることはありません。 皆さんには、「そんなことは当たり前だ」と笑われることがよくあります。では病気の原因とは?「健康を損ねたということ」。それを忘れ、病気を見つけることと、病気の治療のことばかりに目を向けていらっしゃいませんか?要は健康を取り戻せば良いのです。

脳神経外科医 杉本 一朗

ではそのために何が出来るのかが重要ですね。 そのお手伝いを当院では心がけております。 その為には身体からのメッセージに耳を傾け、現状を把握し、その意味を模索し、解決へと導いていく、そういう医療の提供を目指しております。 誰もがなりたくない脳卒中という病気にならないためにも、是非お気軽にご相談にお越し下さい。

略歴

  • 平成6年3月

    東海大学医学部卒業

  • 平成6年5月

    東海大学医学部付属病院臨床研修医

  • 平成8年4月

    東海大学医学部脳神経外科教室入局

  • 平成10年4月

    東海大学医学部脳神経外科助手

  • 平成11年4月

    同退職
    医療法人 横浜宮崎脳神経外科病院 勤務

  • 平成14年8月

    日本脳神経外科学会認定専門医取得

  • 平成15年6月

    医療法人 横浜宮崎脳神経外科病院 退職

  • 平成15年8月

    あかね台眼科脳神経外科クリニック 開設

  • 平成19年10月

    医療法人照甦会設立 理事長に就任

  • 平成20年7月

    沖縄照甦クリニック 開設

  • 平成20年8月

    日本抗加齢医学会認定専門医取得

所属学会

・日本脳神経外科学会認定専門医

・日本抗加齢医学会認定専門医